会議室の様々な用途

スペースの会議室

会議室とは、会議や打ち合わせ・研修・説明会・面接会場など、少人数から大人数まで入ることができる空間です。場所によってはイス、テーブル、ホワイトボード、スクリーン、プロジェクター、マイクなどを使用することもでき、特に用途は定められていない独立したスペースを意味します。自社ビルや会社の建物内に会議室が用意されている会社もありますが、社内に会議室を持たず、ホテルの会議室や外部の貸会議室を必要な時だけ利用する会社も増えてきました。自社内に会議室のスペースを設けていても会社での取り決めが無い限り用途は定められておらず、来客の対応の場としてや、採用面接や採用試験会場として使用することもできます。使用用途が決まるまで一時的な倉庫として活用したり、また大人数が入る会議室はマイクなどの音響機器を使用して講演会場として使用したりと、社内のミーティング以外の活用方法もあります。会議とは関係者が集まり、意思の交換を行った後方針を決定するその集合のことをいいますが、会議室はそのために用意されている独立した部屋・スペースであり、会議が無い間の部屋は会議室と名がついていても、それ以外のことに使ってはいけないという取り決めが無い場合、使用方法や用途は各会社に委ねられています。また会議の仕方によって使用する備品も異なっているため、イスやテーブルが常に置かれている会議室もあれば、端によせられていて必要な時にのみ移動させセッティングする会社もあります。立ち会議や軽食を用意するような会議もあり、会議室があることで状況によってその時必要な設備や環境を確保できます。

Copyright © 2013 会議室の様々な用途 All Rights Reserved.